- 産前と産後のケア -

よくある症状

つわり

つわりには鍼灸が効果的

つわり(妊娠嘔吐)は妊娠6週頃から一過性に悪心嘔吐などの消化器症状が出現したもので、妊娠12~16週頃、自然に症状は軽減します。 母胎には合併症を引きおこさないため、積極的な治療は必要ないとされていますが、なかには出産直前まで症状が持続する場合もあり妊婦にとっての苦痛は大きい。つわり症状が悪化して、栄養、代謝障害をきたし、体重減少のほか、さまざまな症状を起こすことを悪阻といいます。
特に頻回の嘔吐、食事摂取不能がみられますが、栄養補給のため多量のブドウ糖補液がおこなわれた結果、ビタミンB1が欠乏してしまい他の病症へと以降する場合もあるため積極的に治療をする必要があります。

つわり発生頻度と特徴

妊娠した女性のすべてがつわりを経験するわけではありませんが50~80%の妊婦が吐気と嘔吐経験するといわれています。悪心嘔吐は夜間の胃液分泌亢進が原因で朝に起こることが多いとされています。

つわり様症状を呈する合併症

つわり、悪阻は状態により脱水や飢餓状態に陥り、体重減少、頻脈、発熱、血液濃縮などが起きて中毒症状(肝機能障害、腎機能障害、脳障害)を引き起こすことがあります。

カラダノミカタの施術

当院では一般的な鍼灸院や整骨院とは異なり3つの柱を施術に応用しています。

  1. 01整形外科疾患に鍼灸で適応する現代医学的アプローチ
  2. 02全身を整え身体の内側から自然回復させる経絡治療
  3. 03優れた論理性の中医学

また、整体、よもぎ蒸し、炭酸浴、を組み合わせると効果的です。
そして体質や病症、病のレベルに応じて内科の先生に漢方を処方していただくことで、身体の内側、外側からのアプローチを図ります。当院は患者さんの回復、患者さんが欲しい未来を手にするために西洋医学・東洋医学の垣根を越えて施術にあたることが強みであり他院との大きな違いです。

料金案内

初回カウンセリング

初回時にはあなたの身体のことについて細かく伺います。これまで罹った病、現在気になることなどお話しください。

3,240

再見料(最終施術から2ヶ月以上空いた場合):1,080円

施術料金

あなたが抱える病や悩みが緩和されるように専門の施術をご用意しています。
(初めての方は初回カウンセリング料が施術費とは別途かかります。)

全身はり灸施術

自律神経症状」「女性の悩み
産前・産後のケア」に対する鍼灸

鍼灸で自律神経系・免疫系・内分泌経に働きかけて全身を調整します。

50 分 6,480

オプション

炭酸足浴(約20分)
身体の痛みに対して有効。血管拡張により血行改善。
1,080
整体
身体の働きを調整します。手技療法により関節の動きを整え内臓の負担を減らします。
2,160
火療
冷えに対して有効。背中と下腹を温めて自律神経を整えます。
2,160
漢方ヘソ灸
元気を補います。へそに漢方、塩、生姜を詰めておこなう棒灸。
2,160
よもぎ蒸し(約40分)
婦人科症状に有効です。全身によもぎの湯気を巡らせて身体の芯から温めます。
3,240

ご自身に合った施術でお悩みの方はお気軽にご相談ください。