- 自律神経のケア -

よくある症状

めまい

めまいが酷い時の原因は

「めまい(以下、眩暈)」とは外界が回ったり揺れたりする感覚により安定した姿勢を維持することが困難と感じる症状をさします。
しかし、眩暈がするという訴えは必ずしも同一の状態を表しているわけではありません。めまいの症状としては、ぐるぐる回る回転性の眩暈、ふわふわと揺れるような浮動性眩暈などがあります。また同様な症状があっても、その病態は様々なものがあります。

眩暈の分類

脳循環障害

眩暈以外に頭痛、呂律が回らない、手足のしびれなどの症状が伴う場合には脳梗塞を疑う必要があります。高齢者や合併症(心疾患、糖尿病、高脂血症など)をもっている場合は特に注意が必要です。
平衡覚の中枢である脳幹・小脳、さらに末梢にある平衡感覚器の前庭は椎骨脳底動脈から分岐する血管で栄養されています。これらの血管の狭窄または閉塞で、平衡障害が生じます。時に末梢前庭障害の症状が先行し、中枢の症状が遅れることもあるので慎重な経過観察が必要です。

末梢前庭障害(良性発作性頭位めまい症)

眩暈の原因の中で最も多く、一定の頭の位置を取ることや寝返りや起床などの頭位の変換をすることによって誘発される回転性の眩暈と眼振がみられる疾患です。
眩暈は激しいですが持続時間は短く、普通1分以内で弱くなり消失します。聴覚障害は随伴しません。治療は理学療法や寝返り体操が中心です。薬物治療は不要なこともありますが、対症療法としての抗めまい薬、制吐薬、安定薬や、内耳障害に対しての循環改善薬、ビタミン薬が用いられます。

メニエール病

眩暈=メニエール病のようにすぐ診断されるほど有名な疾患ですが、実際には少なく、眩暈患者の10%未満といわれています。特徴は、反復する眩暈発作に難聴、耳鳴りが伴う疾患で、内リンパ水腫ともいわれています。
眩暈発作は数時間から1日程度続きます。発作を繰り返すことで難聴、耳鳴りは進行し、不可逆となります。経過中に両側性に発症する頻度は約3割です。原因としてはストレスの関与が考えられます。
治療は内リンパ水腫を軽減させることが目的です。薬物治療では浸透圧利尿薬が用いられます。治療に抵抗する場合には、内リンパ産生の抑制、前庭機能の抑制を目的として内耳毒性のあるゲンタマイシンを鼓室内に投与することもあります。発作を誘発するストレス要因の除去、食事は減塩食、日常生活では多めの水分摂取や有酸素運動を心がけましょう。

突発性難聴

ある日突然発病する、原因不明の中等度から高度の片側性の漢音難聴です。主な症状は難聴(耳閉塞感)、耳鳴り、眩暈を伴う場合もあります。
眩暈発作は数時間から1日程度続きます。再発はほとんどなく、両側発症も極めて稀です。原因は不明ですが、内耳の血流障害やウイルス感染とする説が有力です。発症から2週間以内に治療を開始することが重要です。安静や入院によってストレスを回避したうえで薬物療法をおこないます。薬物療法としてはビタミンB12、循環改善薬、ステロイド薬が主に使われます。眩暈に対しては対症療法で、抗めまい薬、制吐薬、安定薬などを使用します。

前庭神経炎

急性に発症する末梢性の眩暈疾患で、病変の主体は前庭神経です、眩暈発作は1日から数日程度続きます。聴覚障害やその他の神経症状は伴いません。再発はほとんどなく、両側発症も極めて稀です。ウイルス感染説と循環障害説がありますが、前者の方が有力とされています。
治療としては急性期に抗めまい薬などを対症療法としておこないます。めまい発作からの回復は、前庭代償つまり中枢性代償によるところが大きいので、前庭代償を促進させるリハビリテーションが重要になります。

起立性調節障害

起立時のふらつき、立ちくらみが特徴で、寝ている時には起こりません。血圧は自律神経で調節されています。この働きがないと起立時には血液が下半身に残り、上半身は貧血になりますが、実際は自律神経の働きで下半身の血液を上半身に送り、血圧を保っています。この調節がうまくいかないと脳貧血になり、ふらつきの原因になります。小児から思春期にかけて高頻度に見られますが、高齢者でもみられます。
高齢者の脳貧血は脳梗塞にもつながるため注意が必要です。治療は、規則正しい生活、ストレスの軽減、軽い運動などの生活指導になります。薬物治療としては、自律神経調整薬を使用します。

加齢

一般に高齢者は若年者に比べて身体機能が低下し、眩暈もよく訴えます。高齢者に多い眩暈の原因は、起立性調節障害、服薬による血圧低下、良性発作性頭位めまい症、脳循環障害などがあげられます。
原因は様々ですが、機能低下に伴う予備力の低下が共通していると思われます。治療は対策としての意味合いが大きく、杖やバランスの補助になるものを使用する、などがあげられます。

治療法について

眩暈の時に出される薬は、血管拡張剤、ステロイド、ビタミンB12が代表的です。血管拡張剤は内耳の血流を良くすることを目的として。ステロイドは炎症を抑えるために。ビタミンB12は神経が炎症で損傷した個所を早く修復するために。前庭神経炎、突発性難聴、ラムゼイハント症候群では原因がはっきりと分からないものの炎症を起こしていることが想定できるため、それを抑えて後遺症が残らないように早めにステロイドを使います。
これらはウイルスが原因であると推定されるため、前庭神経炎や突発性難聴、ラムゼイハントの場合にはステロイドと免疫活性をはかる鍼灸の併用が有効です。それにより早く治るだけでなく後遺症も少なくなるでしょう。

鍼灸について

中枢性眩暈の鍼灸

脳腫瘍を鍼灸施術でなくすことはできません。脳腫瘍を取ってしまえば良いかというと取れない場所にある場合には経過をみるだけになってしまいます。
鍼灸の有効性としては、腫瘍を無くすことではなく、小さくすることでもないでしょう。鍼灸は進行性で手をうつ術がない場合に進行を抑えること、現状を保つということがあります。
大切なことは、専門医の受診を早期に受けることであり、医療機関との密接な連携をもって治療にあたることでしょう。

末梢性眩暈の鍼灸

内耳の異常によるもので、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎、突発性難聴、内耳炎、などは強い回転性の眩暈を起こすことが多いです。首肩こりにより発症している場合には、椎骨脳底動脈循環不全、頭部・耳部等の血行不全へのアプローチとして首の緊張を取る必要があります。
冷え逆上せの場合には、足の冷えを取り、血行を改善することで頭部の熱を下げます。
内耳の場合には、耳周辺に鍼をおこない血行を改善します。不安神経症の場合には、精神ケアと全身調整により症状の治癒を目指します。

症例はこちら

カラダノミカタの施術

当院では一般的な鍼灸院や整骨院とは異なり3つの柱を施術に応用しています。

  1. 01整形外科疾患に鍼灸で適応する現代医学的アプローチ
  2. 02全身を整え身体の内側から自然回復させる経絡治療
  3. 03優れた論理性の中医学

また、整体、よもぎ蒸し、炭酸浴、を組み合わせると効果的です。
そして体質や病症、病のレベルに応じて内科の先生に漢方を処方していただくことで、身体の内側、外側からのアプローチを図ります。当院は患者さんの回復、患者さんが欲しい未来を手にするために西洋医学・東洋医学の垣根を越えて施術にあたることが強みであり他院との大きな違いです。

料金案内

初回カウンセリング

初回時にはあなたの身体のことについて細かく伺います。これまで罹った病、現在気になることなどお話しください。あなたのその言葉が病を良くするきっかけになります。

2,160

院長指名のカウセリングを希望される場合は、3,240円となります。ご了承ください。
再見料(最終施術から2ヶ月以上空いた場合):1,080円

施術料金

あなたが抱える病や悩みが緩和されるように3つの施術をご用意しています。
(初めての方は初回カウンセリング料が施術費とは別途かかります。)

基本はり灸施術

気になる部分に対する集中して施術をおこなうプランです。痛い(ツライ)ところがはっきりしている場合の施術です。

5,400

全身はり灸施術

全体のバランスを整える施術をおこなうプランです。お悩みに合わせて施術(2ヶ所以上)します。うつ、自律神経失調症、急性腰痛、寝違いなどの症状に有効です。

6,480

おまかせ施術

全身はり灸にオプションを加えたオーダーメード施術をおこなうプランです。お一人お一人の症状に合わせてオプションをご提案いたします。

7,560

院長指名料
院長の施術を希望される場合、別途指名料がかかります。
2,160

オプション

炭酸足浴(約20分)
身体の痛みに対して有効。血管拡張により血行改善。
1,080
整体
身体の働きを調整します。手技療法により関節の動きを整え内臓の負担を減らします。
2,160
火療
冷えに対して有効。背中と下腹を温めて自律神経を整えます。
2,160
漢方ヘソ灸
元気を補います。へそに漢方、塩、生姜を詰めておこなう棒灸。
2,160
よもぎ蒸し(約40分)
婦人科症状に有効です。全身によもぎの湯気を巡らせて身体の芯から温めます。
3,240

ご自身に合った施術でお悩みの方はお気軽にご相談ください。