- 自律神経のケア -

よくある症状

過敏性腸症候群(IBS)

腸が過敏でお腹に不安を感じている方へ

過敏性腸症候群(IBS)は腹痛と便通異常を主体とする消化器症状が続くが検査をしても以上がなく、機能面での異常だけが認められる慢性的なお腹の病気です。その症状は通勤時や通学時に起こるだけではなく、会議や試験などの大事な時にも便意を催します。この症状はリラックスしているときには起こりにくいこともあり、周囲から「気のせい」「精神的な弱さ」と理解されないことから、一人で抱えている方も多いと考えられます。

こんな悩みはありませんか?

  •  通勤や通学途中で急にお腹が痛くなる
  •  排便困難がつづきコロコロした兎の糞のような便が出る
  •  下痢と便秘を繰り返す

過敏性腸症候群(IBS)が治らない理由

下痢や便秘の症状は健康な人でも起こることがあります。そして腹痛を伴うことも珍しくありません。
しかし、IBSが起こる背景やきっかけには、不安感や緊張などの心理的なストレスが関係していることが多く、病のストレス、周囲の理解が得られないというストレス、腹痛のストレスという悪循環が症状を悪化させるのです。一般的なIBSの治療は、生活面での工夫、食事の工夫、心理療法による心理・社会的ストレスの緩和、薬物療法の組み合わせによっておこなわれます。

しかし、こうした治療を受けて改善しない場合には出てきている症状に対しての施術だけでは難しいということです。当院で過敏性腸症候群(IBS)が回復される理由。それは、多くの症例を経験してきた知識や実績、それを裏付けするための問診力、他院とは異なった独自の施術体系があるほか、鍼灸や漢方は「疾患」ではなく「人」を診るということに重きを置いているからでしょう。

症例はこちら

カラダノミカタの施術

当院では一般的な鍼灸院や整骨院とは異なり3つの柱を施術に応用しています。

  1. 01整形外科疾患に鍼灸で適応する現代医学的アプローチ
  2. 02全身を整え身体の内側から自然回復させる経絡治療
  3. 03優れた論理性の中医学

また、整体、よもぎ蒸し、炭酸浴、を組み合わせると効果的です。
そして体質や病症、病のレベルに応じて内科の先生に漢方を処方していただくことで、身体の内側、外側からのアプローチを図ります。当院は患者さんの回復、患者さんが欲しい未来を手にするために西洋医学・東洋医学の垣根を越えて施術にあたることが強みであり他院との大きな違いです。

料金案内

初回カウンセリング

初回時にはあなたの身体のことについて細かく伺います。これまで罹った病、現在気になることなどお話しください。

3,240

再見料(最終施術から2ヶ月以上空いた場合):1,080円

施術料金

あなたが抱える病や悩みが緩和されるように専門の施術をご用意しています。
(初めての方は初回カウンセリング料が施術費とは別途かかります。)

全身はり灸施術

自律神経症状」「女性の悩み
産前・産後のケア」に対する鍼灸

鍼灸で自律神経系・免疫系・内分泌経に働きかけて全身を調整します。

50 分 6,480

オプション

炭酸足浴(約20分)
身体の痛みに対して有効。血管拡張により血行改善。
1,080
整体
身体の働きを調整します。手技療法により関節の動きを整え内臓の負担を減らします。
2,160
火療
冷えに対して有効。背中と下腹を温めて自律神経を整えます。
2,160
漢方ヘソ灸
元気を補います。へそに漢方、塩、生姜を詰めておこなう棒灸。
2,160
よもぎ蒸し(約40分)
婦人科症状に有効です。全身によもぎの湯気を巡らせて身体の芯から温めます。
3,240

ご自身に合った施術でお悩みの方はお気軽にご相談ください。