お電話でのご予約・ご相談はTEL.047-711-0169

メールでお問い合わせはこちら

LINEで予約はこちら

千葉県市川市行徳駅前1-27-20 堀徳ビル301

アクセスはこちら

よくある質問

鍼灸一般について

Q鍼灸院とはなんですか?

A

鍼灸院は、鍼(はり)と灸(きゅう)を使って施術をおこなう場所です。
厚生労働大臣免許保有者の鍼灸師(しんきゅうし)が、患者さんの身体の状態を脈診(みゃくしん)、舌診(ぜつしん)、腹診(ふくしん)などの方法から把握して鍼や灸で身体のバランスを整えます。それにより生体の調整、防御を助けて、正常な状態へと導きます。

Q鍼灸が人気の理由はどうしてですか?

A

「病ではなく個人を捉える」ことが理由だと思います。
東洋医学は丁寧な問診により心と身体にアプローチする優しいものです。それは訴えだけに視点を当てるのではなく心理的な背景まで含めた全人的な施術と考えられます。そして何よりも副作用がなく安全なことが世界的にも評価を得ている理由なのではないでしょうか。

Q東洋医学とは何ですか?

A

中国に起源をもつ伝統医学です。
東洋医学は少なくとも3000年前にはじまり、10世紀から13世紀頃には真の科学に発展していた医学です。特長として、長い歴史と伝統の中に発展してきた独特の随症、経験施術で、発展過程から健康観、疾病観をもとにした方法で身体の不調を回復させていきます。

Q東洋医学や鍼灸は病院でもおこなわれていますか?

A

はい。最近では鍼灸や漢方などの東洋医学が一般的になってきました。
一部のみとなりますが以下の大学病院では鍼灸治療がおこなわれています。
・東京大学付属病院 麻酔科・痛みセンター
・千葉大学医学部付属病院 神経内科
・慶応大学医学部 漢方医学センター
・日本医科大学付属病院 東洋医学科
・自治医科大学付属病院 麻酔科
・東京慈恵会医科大学付属病院 ペインクリニック
・東京女子医大 東洋医学研究所クリニック
・東海大学医学部付属病院 東洋医学科
・東邦大学医療センター大橋病院 漢方外来
・埼玉医科大学病院 東洋医学科
・北里大学 東洋医学総合研究所 漢方鍼灸治療センター
など。

Q鍼灸の効果について教えてください。どんな症状に効くのでしょうか?

A

その効果についてアメリカの科学誌「ネイチャー・ニューサイエンス」にも論文が掲載されています。
WHOが鍼灸療法の有効性を認めた疾患は以下の通りです。

【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善 

Q鍼灸が効く理由はどうしてですか?

A

鍼灸は人間が元来持っている身体のバランスを整える機能を利用した施術だからです。
鍼を刺すと筋緊張が取れて血液やリンパ液の流れが良くなります。それにより、免疫液、ホルモン、自律神経系が調整されて自然治癒能力が高まります。「社団法人 日本鍼灸師会」のサイトでわかりやすく解説されておりますので、興味のある方はご覧になってみてください。

Q鍼灸で痛みは取れますか?

A

はい。鍼灸をおこなうと中枢神経内(脳と脊髄)にモルヒネのような役割(強力な鎮痛・鎮静作用)がある物質が放出されます。これが痛みを抑えて痛みを遮断します。

Q鍼のツボとは何ですか?

A

ツボとは経穴ともいいます。
いわゆる、診断点、反応点、治療点と考えていただくといいでしょう。経穴は、各筋間、関節部の凹窩、皮神経の筋中から現れる部分、筋、神経の幹部、皮膚の皺壁の間等、とくに身体の物理的な機構の上から見て、いわゆる弱点に当たる部位にあり、特に内臓の病的刺激に応じて興奮し、反応しやすい、そうしてまた体験上から特殊な効果を現す場所をさします。

Q灸は熱くないですか?火傷の心配はありませんか?

A

当院のお灸は「温かく」「気持がよく」「火傷をしない」が特徴です。
額(ひたい)や臍(へそ)に置く漢方灸、鍼の上にもぐさを乗せる灸頭鍼、肌から離してゆっくり温める棒灸など体質と病症に合わせて温かいお灸をおこないます。

Q鍼とお灸の効果の違いは何ですか?

A

鍼は交感神経の過緊張状態を抑制する働き。
灸は副交感神経の過緊張状態を抑制する働きがあります。
交感神経過緊張:痛み、頚肩こり、足の冷え、手足の発汗、眩暈、吐き気 など
副交感神経過緊張:喘息、アトピー性皮膚炎、過敏性腸症候群、花粉症 など

Q漢方と鍼灸の違いは何ですか?

A

漢方は、自然界にある植物などを使って内から。
鍼灸は、はり、きゅう、を使って身体に刺激を与えて外から。
私の考えは以下の点から施術法を選択します。
1 どちらを使った方がより根治的に良くなるか
2 どちらを使った方がより早く良くなるか
3 どちらを使った方がより経済的であるか
しかし、病気にもよりますが慢性や時間経過の長いものは鍼灸と漢方の併用を薦めています。

Q鍼をツボに刺したときに響く感じは何ですか?

A

「ひびき」といいます。
経穴に的確に刺激したときに起こる反応です。「重たく感じる」「くすぐったい」「ピリっとする」という表現をされる方がいます。
これを「痛い」と表現される方が多いものですが、海外では「酸:重い」「麻:しびれる」「脹:脹れる」という表現をします。鍼によって神経が傷ついて起こるものではありません。

Q鍼灸師は資格が必要ですか?

A

はい。文部科学大臣の認定した学校または厚生労働大臣の認定した養成施設で3年間学び、国家試験に合格をして、厚生労働大臣指定試験登録機関である公益財団法人東洋療法研修試験財団に法律に基づいて免許登録をします。

Q鍼灸師の資格はどうやって取得するのですか?

A

学校教育法の規定により大学に入学することができるもので、3年以上、文部科学大臣の認定した学校または厚生労働大臣の認定した養成施設で必要な知識及び技能を修得して国家試験受験資格を取得して国家試験に臨みます。その資格試験に合格した者が「はり師・きゅう師」という免許を得ます。

Q鍼灸院は治療院としての届出をしていますか?

A

はい。鍼灸院を開業する場合には、保健所、税務署に届けを出さなければなりません。
その点は無資格の施術院と比べて審査が厳しいです。

当院について

Q鍼施術での感染症の心配はないですか?

A

カラダノミカタでは100%使い捨ての鍼を使用しています。
すべてパック詰めされエチレンオキサイドガスでガス滅菌されています。鍼、鍼皿など全て使い捨てを利用しており、殺菌消毒には万全の注意を払います。

Q鍼灸の鍼の太さや長さはどれくらいですか?

A

施術効果を上げるには道具選びも重要です。
鍼は太さ0.10~0.20mm(髪毛0.04~0.15mm 、注射針0.60~0.80mm)の鍼を使います。患者さんの体調や症状を考慮して施術によっては太さ、長さ、刺激量は変化します。

Q鍼施術の後はどのように過ごしたら良いですか?

A

施術後は30分から1時間はゆっくり過ごしてください。
その理由は施術効果を高めることが出来る大切な時間だからです。施術後すぐの食事、入浴、飲酒、運動は効果を弱めてしまいます

Q鍼施術の効果の期間・持続時間は?

A

施術効果は体質や病が発症してからの時間経過によって異なります。
そのため1日で戻る方、1ヶ月以上平気な方、治癒される方など様々です。健康状態が良い人は効果の期間も長く、少しの刺激で効果が得られます。しかし、体調不良や症状が重い場合は効果が短いです。
日頃から鍼灸を受けている場合に効果が延びるのは自然治癒力と関係するでしょう。

Q鍼灸施術の間隔について

A

目安として以下を参考にしてください。
肩こり、腰痛など、その時だけ楽になりたい:症状が発症した時
体調管理を目的とする場合:1週間に1回
急激な痛みなどに対する施術を目的とする場合:回復まで1週間に3回
慢性的な症状に対する施術を目的とする場合:回復まで1週間に2回
不妊に対する鍼灸施術を希望する:1週間に2回
※当院ではPDCA(計画・実行・評価・改良)サイクルを推奨しているため原則週に1度の施術を提案しております。

Q年齢制限はありますか?

A

はい。10代~90代の方に対する施術をおこなっております。

Qどんな人が来院しますか?

A

男女比ですと3:7で女性の方が多いです。
女性は肩こり、頭痛、女性特有のものに関するお悩み。不妊に対する子宝の鍼灸、逆子や産後の肥立ちに対して施術が多いです。
男性は腰痛が多く、またデスクワーク系の方は目と肩に関する訴えが多いと思います。
また、マラソンブームにより整形疾患の方も多いです。鍼灸は治りの悪い症状、慢性化した症状に効果的です。パフォーマンスを上げるために鍼灸施術をご利用ください。

Qどのような支払い方法がありますか?

A

カラダノミカタでは現金に加えてクレジットカード・電子マネーでのお支払いが可能です。
詳しくは料金・受付時間のページをご参照ください。

Q保険は使えますか?

A

いいえ。往診のみの扱いとなっております。

Q服装や着替えについて

A

着替えはこちらで用意させていただいております。
ご自身で着替えを持参されても構いません。

Q鍼灸を女性が受ける時の服装は?

A

全ての施術室に半袖、短パンの施術着を用意しています。

Q女性の鍼灸の先生(鍼灸師)はいますか?

A

はい、女性の鍼灸師が在籍しております。

Q生理中でも大丈夫ですか?妊娠中は受けられますか?

A

はい。生理期間中、妊娠中でも鍼灸は受けることができます。
鍼灸はお腹や臀部に施術をしなくても手足で症状は回復されるものです。生理痛やPMS(月経前症候群)の緩和目的の場合もおすすめです。妊娠中の方は鍼灸によって体のトラブルを和らげるだけでなく体質の見直しにも効果があり安全です。とくに妊娠中の冷え対策、つわりの軽減に効果があります。
妊娠中の施術は心身ともにリラックスできるため、母子共に健やかに過ごせることから、お腹の子にかかるストレスを抑えることが出来ます。そのため生まれてきた子は元気でのびのびしています。また、抱き枕もご用意しておりますのでご安心ください。

Q鍼灸院は評判や口コミで選ぶべきですか?

A

1つの目安になるかもしれません。
しかし施術は感性と関わります。ホームページの印象や紹介文を読んでから自身の感性で決めて良いと思います。

Q予約は必要ですか?

A

はい。はり温灸治療院カラダノミカタは「予約制」です。
お越しいただく際は事前にご予約をお願いいたします。ご希望の日時をいくつか決めていただくとスムーズです。

Q駐車場はありますか?

A

いいえ。近隣のコインパーキングなどをご利用ください。

Q個室ですか?

A

はい。1部屋に1ベッド、計2ベッド設けております。

症状について

Q自律神経失調症は鍼灸で効果がありますか?

A

はい。頭痛、不眠、肩こり、腰痛、食欲が出ない、だるい、疲れやすい、イライラ、落ち込む、呼吸が苦しい、動悸がする、胸がつかえるなどの症状は鍼灸が有効です。
カラダノミカタへは自律神経失調症の方が多く来院されます。これまでの経験や多くの臨床数はあなたのお役に立てることでしょう。

Q鍼で頭痛が治ったと聞きますが良くなりますか?

A

はい。鍼は副作用の心配がありません。
頭痛は慢性化すると薬が効かなくなるため早めに受けることをおすすめします。

Qうつ症状があるときに鍼灸施術はどのような効果がありますか?

A

抑うつ気分、思考力の低下、意欲の低下、睡眠の障害、食欲異常、全身の疲労・倦怠感、ホルモン系の異常、頭痛や胃の不快感などの不定愁訴に効果があります。

Q耳鳴りの時に鍼灸は効果がありますか?

A

はい。効果は高いです。
しかし、時間が経過した耳鳴りは全く効果が現れない場合も多々あります。また、記憶に刷り込まれた場合も時間がかかるでしょう。

Q五十肩が湿布やストレッチをしても良くならないのですが…。

A

痛みの強さによっては整形外科へいくことも良い場合があります。
発症直後は安静にするべきですが強い炎症が出ている場合には氷などで冷やすと良いでしょう。しかし長期間冷やし続けると回復を遅らせてしまいます。市販の湿布で良くならないのであれば、これは選択を間違っている場合が考えられます。
そして、痛みが強くでているうちにストレッチをしても炎症が増悪するため、出来る範囲で動かすのは回復期です。まずは正しい治療を受けることが大切ですから、むやみに冷やす、動かすことは避けましょう。

Q首の痛みがある時に鍼灸は効果がありますか?

A

はい。首の痛みに鍼施術は効果があります。
多くが筋肉の凝りによる影響です。パソコンやスマートフォンを観る不良姿勢などにより頭の重さを支える首は大きな負担がかかります。
首の筋肉が緊張して痛みが出ていますから緩めることで痛みから開放されます。

Q肩こりに対して鍼灸で痛みは取れますか?どんな効果がありますか?

A

はい。鍼灸で肩こりの痛みは回復します。
首筋の凝り、肩の付け根の重だるさ、肩または背中にかけての張り感、時に眩暈や吐き気を伴う症状を訴える方がいます。
原因は日常生活の中での不良姿勢や精神的ストレスが原因になりますので、その見極めが重要です。当院では単純に凝りを取るのではなく、これらの原因にアプローチすることで痛みを取るだけでなく再発しない身体づくりを施術に取り入れています。
鍼灸を行うと筋肉の緊張が緩み、自律神経の働きが本来の状態に回復します。
そして痛みの解消へと繋がることで今ある痛みなどの苦痛から解放されます。それにより、肩こりの影響で出ている眼精疲労、頭痛、眩暈感なども軽減されます。

Q腰痛は鍼灸で効果がありますか?

A

はい。急性腰痛や慢性腰痛に効果があります。
ぎっくり腰や日頃からの慢性腰痛に悩まれている場合には鍼灸施術がおすすめです。繰り返し起きている場合には全身の問題やストレス、時には内臓疾患も疑われます。腰の重み、張り感、だるさ、痛みを抱えている場合には早めに施術しましょう。

Q坐骨神経痛は鍼灸で効果がありますか?

A

はい。鍼灸施術をおこなうと冷えが解消されるだけではなく、筋肉の硬化が緩まり運動機能が回復します。
それにより痛みが回復されるという効果が得られます。

Q股関節の痛みを鍼灸でとれますか?

A

はい。梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)、軽度の肉離れ、大腿部の筋疲労、恥骨結合炎、弾発股などに効果があります。
成長期の場合には、医師や専門家との連系のもと施術をおこなっております。

Q膝の痛みに鍼灸は効果がありますか?

A

はい。鍼灸施術の適応と効果については、靱帯損傷、ジャンパー膝、腸脛靱帯炎、変形性膝関節症、などに効果があります。
施術をおこなうことにより、疼痛、筋緊張、可動域制限の変化が期待できますが、程度により鍼灸が一部適応になり手術が必要な場合もあります。

Q鍼灸でスポーツ障害をケアできますか?

A

はい。競技をされる方の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷、リハビリテーション、コンディショニングに対してサポートが出来ます。
鍼灸師の役割は痛みを取るだけではなく、原因、再発防止、早期回復などの視点から施術をおこなうことによってパフォーマンスの低下を防いで回復の向上を促すことです。

Q鍼灸で不妊治療を考えていますが、どんなことをするのですか?

A

不妊に関係する経穴(手足、腹部、背部)に鍼やお灸を使って軽い刺激を与えます。
それによりストレスや緊張を緩めるだけでなく、冷えや火照りなどにもアプローチすることで身体本来の働きへとシフトさせていきます。

Q不妊施術で鍼灸での効果はどういったものですか?

A

鍼灸は「健康であること」を目的としておこないます。
現代医療では疾患があればそれを治します。そして、タイミング療法、AIH(人工受精)、IVF-ET(体外受精-胚移植)、ICSI(顕微授精)へとステップアップさせていきます。
しかし、健康状態が思わしくなければ妊娠の可能性は下がる一方です。そのため東洋医学が得意とする血流回復、ストレスの緩和、生活習慣の改良によって原因不明、機能的不妊(約70%)に効果が出ます。

Q不妊に悩んでいるときに自宅で自分でできるお灸はありますか?

A

はい。昔から親しまれてきたお灸は女性の悩みに効果的な施術方法です。
その効果は、身体の冷え回復、血流促進、自律神経の調整などであり、ホルモンバランスが回復されることで子宮や卵巣の働きが良くなります。自分で出来る範囲では、関元、子宮、血海、三陰交、太渓があります。
夫婦のコミュニケーションの1つとしても良い働きをしますから、是非自宅でお灸を取り入れて身体づくりをしましょう。

Q妊婦ですが鍼灸で悪阻(つわり)には効果がありますか?

A

はい。つわりに鍼灸は効果があります。
妊娠中の不安や心配など社会的な影響は受けるものです。お腹に小さな命を宿しながら暮らすということは想像以上に負担が大きいはずです。つわりは生理的範囲であれば、自律神経の調整で体調の管理が可能ですから、便秘、食欲不振、胃部不快感、全身倦怠感が出ても神経質になることはありません。

Q逆子は鍼灸で治りますか?

A

はい。施術は34週以降自然回転率が低くなるため28~33週までに開始した方が有効性を確実にします。
時期が遅くなると50%~30%と回転率はさらに低下していきますが回転しないわけではありません。回転率は最も高くて90%、低くて65%です。
施治療頻度は、1週間続けて(毎日)、逆子が矯正されるまでご来院を提案しております。治療時間は40分程度、その他の日は自宅灸をしてください。
なお、妊娠前から鍼をおこなっている場合の方が矯正しやすい環境が整っているため、1・2回で矯正する場合が多いです。
しかし返りづらい要因として以下のものがあります。
①臍帯巻絡
②双角子宮
③筋腫
④羊水過少
⑤臍帯長が短い
⑥腹部緊満感

Q男性の更年期障害にも鍼灸の効果はありますか?

A

はい。更年期障害は多彩な症状をもちますが、主訴をしぼって施術することで症状を回復に導くことが可能です。
男性更年期(加齢男性性腺機能低下症候群:LOH症候群)の症状は以下にまとめました。
性機能障害:性欲低下、勃起障害、射精感の減退
精神神経症状:抑うつ感、疲労感、記憶力低下、いらだち、不眠
身体症状:筋力低下、体力低下、骨粗鬆症、ほてり、発汗

Q鍼灸は女性特有の疾患に効きますか?

A

はい。女性特有の症状に効果的です。
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊などの訴えで来院されます。鍼灸は、自然治癒力の向上、自律神経を整える、冷えの改善、血流促進、リラックス効果、ストレス緩和に効果的です。

Q鍼灸は女性ホルモンの分泌バランスを整えるのに効果がありますか?

A

はい。女性はストレスに反応しやすいものです。
そのためストレスにより緊張が続くと月経周期や出血量の異常、それに伴うイライラ、月経痛、更年期は不定愁訴(のぼせ、ほてり、イライラ、発汗、冷え、頭痛、肩こり、動悸、疲労、不眠、うつ)などを発症します。
女性ホルモンは骨盤内だけの問題ではなく、視床下部、下垂体、卵巣、子宮がすべて関係しますから、これらに対して適切な処置を施せば効果が得られます。

Qがんの痛みに対して鍼灸は有効ですか?

A

はい。がんの強い痛みに対して、モルヒネが効きにくい痛みの非薬物の施術方法として鍼灸は有効です。
それにより患者さんの生活の質向上とがんの闘病に有効だと考えられます。末梢神経障害疼痛、骨転移痛、浮腫や吐き気、下痢や便秘、終末期の呼吸苦などがあげられます。

Q症状はないのですが、健康維持などの理由で通院してもいいのですか?

A

はい。東洋医学は未病治という考えを大切にしています。
症状はないと感じていても、微かな歪みは自然と生じて存在するものです。体が冷えていたり、体に熱がこもっていたり、お腹が固かったり、背中が固くなっていることで、様々な病と繋がっていきます。
何もないと感じている時にこそ、健康的な状態を手に入れる為の手当を推進します。

千葉県市川の鍼灸院「カラダノミカタ」5周年記念キャンペーン:初診料が期間限定で無料