行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

漢方薬と症状の変化

私たちの体はつねに変化しているもの。
つまり、60兆個の細胞からなる私たちは一時間前と今とでは体の状態は異なるのです。

それはどういうことか。
風邪をひいた時、ひいている時、その時によって薬や治療法は変わるということ。

たとえば、
・寒気がする、熱がある
・鼻水、鼻つまりがある
・咳が出る
・のどが痛い
・痰がきれない
・風邪症状が長く続いている

一般的に風邪症状というと、このような症状が出ますよね。
これらの症状が起きているときは、一辺倒な治療をおこなうのではなく、症状に合わせて治療する必要があるのです。

風邪のひきはじめに肩や背中あたりに寒気を感じたとき、身体が冷えて透明な鼻水が流れてしまうとき、喉が乾燥して咳が止まらないとき、体力が消耗したとき、咳や痰が多いとき・・・。

その時、その時に応じた処置が必要であり、総合感冒薬は総合であるということ。
マルチビタミンは、マルチな働きをするのであって、的の中心を射るわけではないのです。
症状の変化に合わせた漢方だと、葛根湯、小青龍湯、麦門冬湯、補中益気湯などがあります。

鍼灸でもそうです。
病がどこまで攻めてきているのかということを、脈や舌を診たり、鼻水の色、痰の色、尿の色など含めて総合的に判断していきます。
以前、女性の患者さんが、お子さんから風邪をもらってから一か月間体調を崩しているということで治療を行いました。
その方は「抗生物質を飲んだにもかかわらず具合が悪い」と話しており、詳しく診ると病位は深くまで達していて、ギリギリの所で体と病が戦っていました。
この時の体質と病状に合わせて鍼をして少しすると、これまでかかなかった汗が出始め、体の内側が大きく動き始めるわけです。

そう、鍼のすごさは何よりもこの即効性だと考えられます。
そして、間が何よりも重要なものとして考えられており、間が抜けると効果も薄れるのです。
肌を寒さがおおっている時は、大椎、孔最、手三里、足三里が有効です。

熱がある時には、身柱、肺兪、膈兪、三里はいいでしょう。
合谷、復溜では汗の調整ができるほか、合谷、曲池、大椎、束骨なども風邪症状の回復を促します。

風邪の季節

喉の痛み、咳、発熱、鼻水などの症状を生じますが、どうしても外せない理由がない限り薬は避けましょう。
何よりも自然治癒力で回復を促す方が治りは早いのです。
寒気がしたら当院へお越しください。お灸で温めて寒を追い出しましょう。
風邪をひいた時には鍼がいいですよ。

 

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP