行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

命を授かることは大きな冒険である

子供を授かることは、その旅路であらゆる困難に直面する。
それが自分一人であれば解決する問題も、小さな命を宿しているとなるといつものようにはいかない。

命が宿り、検診の間隔に不安になったり、大丈夫かと心配になったり。
そして安心したころに逆子ということが分かったり。

逆子体操をして頑張っても、お腹の子が動いてくれないと、もどかしくて不安になる。
多くの人が経験する道ではあるけれど、誰が悪いわけでもないのに自分を責めたりする人もいる。

そんな時に逆子の灸を知る人が多い。
「お母さんに教えてもらった」「友達に教えてもらった」「芸能人がやっていた」。
どんなきっかけでもいいのだ。

そして、逆子の灸をするとお腹の子は確実に動き始める。
それは逆子体操をしていた時よりも。

逆子の灸を経験した方から元気な子がうまれました!と喜びのメールをいただくと元気が出ます。
出会うきっかけが何であれ、人生に彩りを添えることができたことは幸せなことです。
そして、どこかで新しい暮らしが始まって、新しい生き方へと変化していくことを想像するだけで胸がいっぱいになります。

逆子の灸にデメリットはありません。
取り入れることによって体調が良くなり、お腹の子もすくすくと育ちます。
産後の肥立ちも良くなります。

命を授かることは、産み終えた時がゴールではありませんから、こうして逆子の灸を始める中で健康を手に入れることも必要だと私は考えます。

興味がございましたら、一度お問い合わせください。

 

 

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP