行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

現代病として

以前には無かったような病があります。
とういと時期的に花粉症が思い浮かぶことだとおもいますが、花粉症は、杉やブタクサなどの花粉によって引き起こされるアレルギーです。
アレルギーは身体の免疫システムが誤差動している状態。そこで鍼灸治療に何ができるのかというと、この異常行動を起こしている状態を正常に戻すということに優れています。

さて、この花粉症ですが、日本で確認されたのは1960年代はじめ。
花粉症の発症はイギリスが一番早く20世紀はじめからだったようです。
つまり工業化がいち早く進んだ国から花粉症は起こったのです。

このことからもわかるように、日本では高度経済成長とともに花粉症に悩む方は増えていきました。
また、アトピー性皮膚炎と同様に、この頃に始まった日本人の生活スタイルや食生活の変化も大きな影響と考えられています。

治療法ほというと、一般的に抗アレルギー薬によって免疫システムの働きを弱めるというもの。
抗ヒスタミン薬は免疫システムが働く中で放出されるヒスタミンの働きを抑えようというもので、副作用としては眠気などが知られています。

症状によっては、ステロイド剤が使われますが、こちらは副作用により短期間しか使えません。このように薬の副作用や時間を考えると、鍼灸治療を併用することをおすすめします。そして、鍼灸を取り入れることで、早くステロイドをやめることができます。

しかし、花粉症だけで鍼灸院に訪れる方はそう多くありません。
なぜならアレルギーに鍼灸が有効だということが知られていないからです。
そもそも鍼灸で何ができるのか。

鍼灸には通経という考えがあります。
それはすなわち通すことを目的とし、家庭で出来る範囲ではこれらのツボを使って鼻通りを良くします。
上星:頭部正中線上、前髪際入ること1寸
印堂:両眉頭を結んだ線の中点
迎香:鼻翼の外縁の中点傍ら、鼻唇溝中に取る

これらのツボを人指し指で刺激することで鼻づまりは楽になります。

東洋医学の観点でみると、春先という季節も一つのキーワードになりますし、ストレスとの関わりも関係します。
アレルギー症状を発症するという現象に対しても、鼻炎、鼻汁、かゆみ、など症状は様々であり、個人差ももあるのです。
このことを読み解いていき、くしゃみが出ていることに対してどうするか、鼻閉はなぜ起きたのかと考えて、肝、脾、肺を鍼灸で調整していき、バランスを取っていきます。

その際に、望診などで鼻汁の色や舌の苔の色、脈状を確認するだけでなく、日常の環境についても加味することで、体質や病症に合わせてツボや施術方法を決定していきます。
そして、生活の乱れについて、自然の状態に整え、知ることで、花粉症という病名だけの鍼灸だけではなく、本質に対してアプローチするのです。

4月にはいり、これを機に体を整えるのはいかがでしょうか?
鍼灸治療は、肩こりや腰痛だけではありませんよ。

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP