行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

腰痛になったら病院に行くべきです

なぜなら鍼灸院では病院で行うレントゲン検査が出来ないからです。
そのため、骨折などを見落とさないためにも一度病院へ行くことも良いのではないでしょうか?
それにより何もないことを確認することで抱えていた不安がなくなります。

もし、鍼灸院で検査した時に問題があった場合には、すぐに病院を勧めることがことがあります。
しかし、当院の患者さんのほとんどは、一度病院で診てもらっても骨や筋肉に何も問題がないと言われた方ばかりです。

湿布を一か月張り続けて
病院へ行ってレントゲンを撮り、湿布を貰ったことを想像してみてください。
ひと月後にあなたの腰は良くなっているでしょうか?

なぜなら腰痛は国民の90%が抱えるものなのに、そのほとんどはレントゲンに写らない原因を持っている腰痛だからです。
そのため、病院へ行って問題や異常がないと言われた場合には湿布薬の効果は気休めになってしまいます。

そんな時、原因がわからない腰痛は他に問題が考えられますから一度鍼灸院へお越しください。
原因がないといわれている腰痛ほど鍼灸治療で改善されることが多いです。もちろん病院で出来ることは病院で治療を受けると良いでしょう。しかし、病院で改善しない腰痛で困っているのであれば今すぐ足を運んでください。
あなたの痛みや悩みに応えることが出来ます。

腰痛は原因がなければ腰痛は起こりません。
そのことをしっかりと確認しながら痛みの出ない体を手に入れましょう。

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP