行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

あなたの腰痛は筋肉疲労からですか?

関節の痛みからですか?

どこかで聞き覚えのある風邪薬のテレビコマーシャルの一コマ。
しかし、風邪薬が病の原因を詳しく分けているのに、なぜか腰痛については詳しく伝えていません。
そのため、知らず知らずのうちに何か月も湿布薬を貼ったり、薬を服用している方が多くいます。

闇雲に本来とは逆のケアをしてしまうとどうなるか。
本来は、冷やさないといけない、温めないといけない、薬を飲まないといけない、注射をする必要がある、運動する必要がある。
その判断が出来ずに何か月も同じケアをしてしまうと、その腰痛が当たり前な物になってしまいます。

例えば炎症がないのに冷やし続ければ回復が遅れるでしょう。
炎症が強い時に温めてしまえば痛みが酷くなります。
また、痛みを抑える薬を長期間飲み続ければ胃が荒れるだけではなく、痛みを止めていることで回復が遅れてしまいます。
腰痛を治すには、正しい治療がすべてなのです。

そのため、腰痛に効く薬として、ロキソニン、ボルタレン、ラックルなどありますが、これらで痛みを抑えているだけで、蓋を空けたら腰痛が飛び出てくるということ。
つまり、薬は痛みを一時的に止めるものであり、痛みが治るわけではないのです。

病院や整骨院へ3か月以上通っているのに良くならない。
本当は薬を飲みたくない。

そんなあなたに教えます。
腰痛に効く薬は何か?
それは腰痛になった理由を知るということ。
そして、その治療をおこなうことが最善の策なのです。

腰の痛みに不安を抱えている場合には今すぐ当院へお越しください。
あなたに合った治療で本来のあなたの生活を取り戻します。

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP