行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

鍼灸が何に効くのか

一般的には、鍼灸療法は肩こり、腰痛、神経痛、関節炎ぐらいにしか効果が無いように思われがちです。しかし、実際には多くの症状や病気に効果があり、世界保健機関では鍼灸療法の有効性を認めた病気として多くの疾患をあげています。

【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症

【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎 ・更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善   など。

これらに関しては、東京大学や筑波大学など国内の大学で研究されているだけではなく世界各国で研究されています。効果として分かる事は、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、生体の恒常性に働きかけるのではないかと考えられています。
1.ゲートコントロール 鍼刺激が脊髄において痛みを抑制する。
2.エンドルフィン 鍼刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。
3.末梢神経の遮断効果 鍼刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
4.経穴(ツボ)の鍼刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。
5.血液循環の改善 筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。

過去の経験をご紹介したいと思いますが、はり灸は肩こりなどの日常的な症状改善だけに特化したものではありません。
当院では癌の方の治療も担当させて頂いています。なかには肝臓ガンの方のいらっしゃるのですが、腹水に対して中渚という経穴へ刺鍼をすると症状が改善されて、お腹の苦しさが軽減します。また、検査の数値も大幅に変化がみられご本人ご家族も喜ばれていました。

通常、中渚というツボは肩背諸疾患や久患腰痛、耳鳴り、耳聾が代表的な主治としてあげることができます。
中医学では解三焦邪熱や疏少陽気機といって、熱を取り去り、流れを促すことができると考えています。また性質としては、肝・腎に対してアプローチすることで下焦に働きかけ、全体の和が整うため症状改善へと導きます。一般的に肩こり、腰痛、神経痛、関節炎などがポピュラーなものとして認識されていますが、その効果は驚くものがあり、内科疾患に対しても大きな変化が生まれます。身体のことでお困りの方は当院へお越しください。

あなたのご来院をお待ちしております。

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP