行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

秋の夜長

ついこの間まで蟬が鳴いていたのにいつの間にか10月も中ごろ。
私はこの季節が好きで、自転車に乗りながら秋の穏やかで静かな空気を感じながら季節を楽しんでいます。

さて、四季のなかで秋は感受性が豊かな季節です。
身体は涼しさから寒さに対応する態勢を取り始めます。

しかし、どうしても冷えの影響を受けやすくもなるもの。
人の体は冷えの影響を避けるために自然に収縮しますが、睡眠中など無防備な時は冷えに対応できません。
そのため、多くの人が風邪で困っているようです。

秋の養生として、秋風が吹くころは風邪(ふうじゃ)に傷められやすいので用心が必要ですから、涼しい風にあたり過ぎてはなりません。
そのことについて養生訓ではこのように書かれています。

「病のある人は ~ ところどころに灸をして“ 風邪 ”を防ぎ、陽を助け、痰や咳の病気にならないようにしなさい」。
夏が過ぎ、開放的になった季節だからこそ、病にもかかりやすくもなります。
すると、身体が虚して、力が無くなり活動が少なくなり、精神が疲れて、気が短くなり、仕事の意欲が無くなります。

また、筋肉が薄くなり、皮膚は荒れて外からの病気にかかりやすくなり、大病に陥りやすくなります。
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋とは言いますが、これからの季節を楽しむには1つの方法があります。

それは、衣替えをして身支度を整えるように、自分自身の身体も秋使用に準備するということです。
鍼というと、肩凝り、腰痛、膝痛という疾患のみが思い浮かばれてしまいますが、季節の運行にのっとることで、脳卒中や心臓病、喘息などの発作が未然に防げるのです。

秋に触れ、これからの時間を楽しみながら美味しいお酒を飲むために、今を整えて明日に備えませんか?
身柱と肺兪の生姜灸でゆったりと秋の夜長を感じましょう。

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP