行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

つきたてのお餅のようなお腹

ふとした時に気づく不調。

あまり意識することのない場所でありながらも、生理痛や消化機能の調子が悪い時には自然と手がいくもので。

日頃、お腹のことといったら冷やしてはいけないと意識する程度で、どうしてもその存在は忘れがち。

治療をおこなう時に患者さんのお腹に手を添えると石のように硬くなっていたりすることも。

赤ちゃんのお腹を触ったことがある人は分かると思いますが、お腹はあのように柔らかい方が良く、つきたてのお餅のような状態が適度なのです。

いま触ってみていかがですか?

硬いですか?

それとも柔らかいですか?

カチカチになっていたり、柔らかい場所と硬い場所があったりしませんか?

意識しないかぎり触れない場所だからか、このような機会に触れてみて気がつくことがありますよね。

お腹は、身体の情報をすくい取ることができる重要な場所です。

お腹に触れてみて、冷たさや熱さ、緊張や弛緩などを診ることで、自覚のない情報を得ることができます。

あなたが抱えている不調とそのお腹の硬さは影響しあっているのです。

目指すはつきたてのお餅のような柔らかさのお腹。そしてそれと同時に得る健康です。

「ヘソ曲がり」とはよく言ったもので、自分がおかれている環境や悩みなどによってもお腹の緊張は出るもの。

そうすると身体の軸は歪みます。

身体が変われば心も変わる

心が変われば身体も変わり、身体が変われば心も変わるもの。

お腹もその一つ。お腹の緊張はいま置かれている環境そのもの。

だから弛めてあげれば心も解放します。

赤ちゃんや動物が無邪気といわれている意味は、腹の裏に隠しごとがないから。

お腹をお餅のように柔らかくすると、あなた本来の人柄がでますよ。

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP