行徳駅徒歩1分!市川・浦安で鍼灸をお探しならカラダノミカタへ

ひとくちに腰痛と言っても

急に痛くなったのか、ずっと重くて気になるのかによって治療内容は異なります。
レントゲンやMRIを撮って骨盤や筋肉などの異常はわかるものの、その先に求めているものは手に入りません。
病院で「何も異常ないよ」「ここ、すり減っているけど大丈夫だよ」と言われても変わることのない違和感。

さて、ここからどうするべきでしょうか?
先ほど、レントゲンやMRIで異常が分かると紹介したのですが実は絶対ではないのです。
どんなに最先端の機械でも、明らかな異常が見つかる確率は必ずしも高くはありません。
なぜなら、そこには映らないものもあるからです。

それが何をさすのか。
そこが分かると、あなたの腰痛の原因の鍵が見つかります。

以前、一人のトラックの運転手さんが来院しました。
整体院や整骨院に通い、そこでも変わらず整形外科に通うことになって数か月。
いろいろな検査をしたけれど原因が分からず、強い痛み止めを処方されて困っていました。
「先生、俺良くなるのかな?」。

いままで行ってきたことを把握して、過去の病気や怪我を伺っていると一つの問題が分かったのです。
それはバイク事故で脛(すね)を骨折しているということでした。
それにより、本来の姿勢を維持するために下半身の筋肉が異常に緊張してしまい、その緊張が連動して腰に負担をかけていたのです。そのため、腰を引っ張っても、マッサージをしても、注射をしても再び腰が痛くなってしまい途方に暮れていました。

腰が痛くなるのはどうしてか?
筋力が落ちるとなるのか、冷えているからなるのか、運動不足でなるのか。
その答えは1つではありません。
腰回りの筋肉を緩めれば良くなるということではなく、全体を診てあなたの腰痛の原因に治療をおこなうことが最も重要なことです。

今日の腰痛は明日の腰痛。
原因を突きとめて、苦痛のない生活を取り戻しましょう。
当院はあなたの腰痛に合った治療を提供します。

市川市・浦安市の鍼灸は【症例数NO.1】のカラダノミカタへ PAGETOP